English
科学研究費 新学術領域研究「分子ロボティクス」 <Roboticsゾーン>
小間番号 : 6P-17  

自社PR文

新学術領域研究「分子ロボティクス」では、巨大リポソームを活用したアメーバ型分子ロボットとゲルを活用したスライム型分子ロボットを開発しています。分子ロボットの感覚や知能を実現するために、DNAオリガミやDNA計算などDNAを用いたプログラム可能なナノ構造技術に注力しています。

製品・サービス 1

アメーバ型分子ロボット

分子ロボットはDNAや分子モータなどの生体材料を用いて感覚、運動および知能を実現するロボットである。プログラム可能な分子ロボット部品を構築するために,DNAオリガミやDNA計算などのDNAナノ技術に注力している。アメーバ型分子ロボッは,巨大リポソームを本体とし,感覚となる分子センサーをDNAオリガミで,運動の動力となる分子アクチュエータを分子モータと微小管で,感覚と運動を制御する知能をDNA計算で実現している.

製品カテゴリー
【ナノバイオ】
再生医療、ドラッグデザイン、DNAマニピュレーション、DNAチップ、DDS、バイオリアクター、ヘルスケアチップ、バイオセンサー、その他
デモ


共同出展者

関西大学・化学生命工学部 <Roboticsゾーン> / 東北学院大学・教養学部 <Roboticsゾーン> / 東北大学・大学院工学研究科 <Roboticsゾーン> / 鳥取大学・大学院工学研究科 <Roboticsゾーン> / 名古屋大学・大学院工学研究科 <Roboticsゾーン> / 名古屋大学・大学院情報科学研究科 <Roboticsゾーン> / 名古屋大学・理学研究科 <Roboticsゾーン> / 福岡工業大学・工学部 <Roboticsゾーン> / 北陸先端科学技術大学院大学・マテリアルサイエンス研究科 <Roboticsゾーン> / 北海道大学・大学院理学研究院 <Roboticsゾーン> / 九州大学・システム情報科学研究院 <Roboticsゾーン> / 京都大学・iPS細胞研究所 <Roboticsゾーン> / 京都大学・物質-細胞統合システム拠点 <Roboticsゾーン> / 産業技術総合研究所・ナノシステム研究部門 <Roboticsゾーン> / 電気通信大学・大学院情報理工学研究科 <Roboticsゾーン> / 東京工業大学・大学院総合理工学研究科 知能システム科学専攻 <Roboticsゾーン> / 東京工業大学・大学院総合理工学研究科 <Roboticsゾーン> / 東京大学・大学院情報理工学系研究科 <Roboticsゾーン>

連絡先情報

下記情報は来場者から出展者への事前アポイント・問合せを目的に公開しています。
それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載する事を固く禁じます。

 

科学研究費 新学術領域研究「分子ロボティクス」 <Roboticsゾーン>

総合理工学研究科 知能システム科学専攻

〒 226-8502
神奈川県 横浜市緑区長津田町4259-J3-25

TEL : 045-924-5654     

 

ICSビジネスマッチングシステムへご登録頂く事で、気になる企業の詳細情報の確認やアポイント申込が可能です!
ICSビジネスマッチングシステムとは? ⇒ http://www.nanotechexpo.jp/main/icsbizmatch_nanotech.html